コロナのためのテレワークが始まり、家にいる時間が増えたマミー(パートナー)は、最近ルーティンのようにやる家事が増えました。

理由は、他にも色々あるのですが、1番は、、、


私が堂々サボるようになったことだと思います。


以前私は、家事は自分のやり方でして、自分がやったクオリティでないと我慢できなかったのが、出産、子育て、鬱などを経て、「家中いつも綺麗じゃないと罪悪感」というモノは使った側から元通り思考から、5年くらいの年月をかけて「我慢できなくなったら、もしくはここ1番のときに綺麗にできればOK」というモノにはココイチで帰る場所があればよい思考になっていき、そうしているうちにパートナーの方が我慢できない瞬間が早く来るようになり、家事の分担が増えたという感じです。

専業主婦としては、なんたるテイタラク
でも、ナンテ楽(韻)


家事が分業になりにつれ、家の中の共通で使う場所のレイアウトや収納の属性をシンプルに家族全員で使って戻せるよう相談しながらマイナーチェンジを繰り返し、まだまだ改善の余地はあるものの、確実に生活が楽になってきたと思います。

先日も思い切って、着れなくなった服やお下がりでいただいた服、新しい服でごった返していた娘の服の部屋のクローゼットの整頓をパートナーと娘に任せてみました。

前は、自分がやらなきゃ、大事なものが捨てられるかも?使い勝手が悪くなるかも?と私しかできっこない!自分がやらないと気持ち悪い!と思っていたのが、任せたら意外にもいいかんじに。そして、私がやらなかったのでパートナーや娘が洗濯物の片付けもできるようになりました(頼めば)。

なんだ、私がサボれば、家族が育つのか、、、

今朝もいつのまにか習慣になったマミーが食洗機の食器を片付ける音をベットで聞く朝。
そして聞こえる床を掃く音(これはまだラッキーディのみ)

IMG_3541

最近は、マミーが毎朝飲むプロテインの粉がキッチン台に溢れているのを、私が拭かなかったらいつまであるのかを実験中。もう、何度も拭いては文句を言ってきたけれど改善しないので、思い切って放置することにした。その周辺の自分の散らかしは片付けるけれど、粉は拭かないという意地悪な実験。

マメがすぎて家族と波長があわず疲れがちな人におすすめな、ピンポイントで家族のことはあえてやらない期間を設ける実験。
うちの家族には、なかなか効果があるようです。

Hooroo

↓のボタンのクリックでランキングに一票はいります。
押してもらえると超嬉しいです٩꒰。•◡•。꒱۶
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
スポンサードリンク