ママふたり家族 マママミルーのオーストラリア生活日記

オーストラリアで、お母さん2人で子育てしています。母ふたり子ひとり家族。オーストラリアでの妊娠出産裏話やおもしろい娘の言動などを絵日記でつづっています。

2018年12月

2018年もいよいよ今日で終わり!なので、私なんぞがおこがましいですが、ご挨拶させてください。いつもコメントくださる方、ツイッターでやコメントくださる方、本当にありがとうございます!ブログ村のランキングのボタン押していただけるのも、すごく励みになってますm(_ _ ...

オーストラリアの怒涛のクリスマスが終わり、今度は年末に向けて家の大掃除や大模様替えを始めてしまいました。今、我が家は始めたことを後悔するくらいの散らかりようです(笑)2018年ものこりあとわずか!私の最近の年末の楽しみは紅白と年末年始の特番です日本のテレビっ ...

メリ〜クリスマス🎄さて、、、、オーストラリアのクリスマスの朝は早い(懐かしのウルルン風)昨日、いとこの家に遊びに行って夜更かしして10時くらいに娘は寝たにもかかわらず、、、娘の起床6時半早いぜ、、、(目をゴシゴシ)超ハイテンションで、クリスマスサックの中のプ ...

とうとうクリスマスイブとなりました!ツイッターを見てると、日本では結構イブにプレゼントを渡すのが一般的になってるみたいですね😊ママの手作りアドベントカレンダー(制作期間3年w)もついに今日で終わりです!日本にいた時はクリスマスイブは恋人たちのものだと思って ...

クリスマスイブイブ🎄ですね!←活字だと面白いもちろん、英語でイブイブとは言わないんですけど(笑)もう、メインのプレゼントはあるのですが、今日は夕方からラストミニッツのクリスマスショッピングに行ってきて、3軒お店を回って、3軒目でやっと娘の欲しいものが見つか ...

クリスマスまで、あと3日!(なんか焦る)今週から娘の幼稚園も終わってホリデー中なので、マミー(パートナー)の仕事に同行して、シドニーに家族で3泊することになりました。でも、娘は、、、家族でお出かけは大好きなのに、気がすすまない様子。訳を聞くと、エルフたち( ...

こんにちは!オーストラリアの学校(NSW州)は今週あたりから1月末までの長い夏休みに入ります。そして、うちは、先週末が娘のプリスクール(幼稚園)が最後の日でした。こちらのプリスクールは、共働きでなければ、週2〜3回で通うのが普通なので、通う日によってプリスクー ...

こんにちは!クリスマス準備のストレスで、すでに一度メルトダウンしました(笑)https://www.merriam-webster.com/dictionary/meltdown より引用「③疲れや大きな刺激により自己コントロールを失(う)」いました。思い当たる節がありすぎる疲れや大きな刺激、、、来年の娘 ...

サンタから手紙が届きました。↓うちはここからhttps://mrprintables.com/printable-letter-from-santa.html手紙はこんなかんじ。今年は、補助輪なしの自転車に乗れるようになったことをサンタさんに褒められて、感動?で少し目が潤んでいる娘(笑)うちのエルフにも報告に行 ...

こんにちは!先日、娘の幼稚園のお遊戯会があったのですが、例年会の後は、保護者に子供からクラフトのプレゼントをしてくれます。今年のプレゼントもステキだったので紹介します。①娘の顔写真つきサンタの置物②キラキラシール付のミニ植物③プレゼントを入れた紙袋につい ...

今日は、娘の幼稚園のクリスマス発表会でした。ゆるーく歌や踊りを披露してくれるのですが、教室内に保護者を集めてクラスごとにするので、日本の授業参観のほうがこじんまりとしてるという意味で雰囲気が近いのかも。この画力w (ほんと申し訳ない)オーストラリアのお遊戯 ...

うちは、私が日本語で娘に話して、マミー(パートナー)は英語で話すというOne person-one language法(1人1言語制)で生活しています。オーストラリアでは、親の母国語がそれぞれ違うケースが多くあるので、そういう家庭の子供にどちらの言語も教えていくために、推奨されて ...

こんにちは!昨日の学校での出来事で、なんかどっと疲れた私は、を連発。久しぶりに大きなため息も出ちゃって、いつもは大丈夫な事もキツく感じる。海外生活長いくせになんてメンタル弱いんだ、、、そんな自己嫌悪も相まって負のサイクルから抜けられない。こんな私の態度は ...

こんにちは!憂さ晴らしのような感じになりかねないのです、今日の日記。他人の人間の小ささを面白がれる方だけご覧ください。来年娘が行く小学校の事務の人と折が合わなそう、、、(笑えないタイプのオチ)もともと、私ってプライド高いとこもあるんです、自覚として。でも ...

↑このページのトップヘ