IMG_3452
先日、日本にいる母とビデオ通話していたのですが、会話してるとむくむくと湧いてくる不安…

今度の帰国。マミー(パートナー)と両親の間にはいって私、大丈夫か!?

以前にも書いたけれど、パートナーは…
IMG_2622
ご本人は、肝が座ってます。※Just Enjoy! (ただ、楽しみなよ!)
これは、家族3人で行く旅行なんだから、まぁ色々あるけど、ただ楽しみなよ。人生短いよ?とのこと。
ど正論。そらそうだけど…


もうパートナーと私の付き合いは15年以上になるし、今は娘もいるし、両親はマミーとして彼女のことも受け入れてはいてくれるけど、でもそれは結構無理してるんだな、まだまだ根深いものがあるな…と会話の節々で感じてしまうのは、母が12年ほど前オーストラリアに遊びに来てくれたときの思い出話をする時。

私はオーストラリアに来てからパートナーとの関係を両親に話したので、母がオーストラリアに来たときは関係を打ち明けた数年後。関係をわかってパートナーに会うのは初めてだったため、母は母なりになにか一言いってやりたい、娘のために母としての圧を出していこうと思う所もあったと思うんですが、そんな母からパートナーに言った言葉は…
IMG_3451
おお!これはなんかドラマとかで反対されて駆け落ちとかした2人に数年後親が歩み寄るために言う感動的なやつ!?

これを私がそのまま訳したところ…
IMG_3445
堂々と自分の幸せ論をベースに我が母に反論するパートナー(KY)
そして、ああ、それもそうだよね( ^∀^)と、それをまたバカ正直に訳す私(KYその2)。

この事が相当腹に入らなかったらしく…

IMG_3453

母「あのとき、ムカついてこのままアンタを連れてかえってやりたかったわぁ〜」と後々事あるごとに語る母。

昭和真っ盛りな考えの親だもの、同性愛なんてもってのほかだけど、そこはもうしょうがないとして、とりあえず形だけでも「娘さんを下さい!全力で幸せにします!!」というのが欲しかったんだと思うし、それがないなら娘を任せられん!!と言う気持ちはなんかわかる。これが、うちの母ができる最大級の譲歩だと思っていたんだと思います。

けれど、私的には正直パートナー(マミー)のように2人で作っていく幸せ論派ではあるし、まぁ母と私たちの幸せ論はどうであれ、15年以上たった今も、私はそりゃ人生色々ありますがざっくり幸せなわけで…

まさに、何をここで言うのが正解なの!?

という状態。
自分の意見をはっきり言うか、一応ハイハイ(困り笑顔)で聞き流すか…

IMG_3443
はっきり言った〜!(しかも、海外在住なのに「令和」を使って相手の考えの古さも批判〜)
私にしては、結構頑張ったほう。

多分、また母はカチンと来てると思います。
母は時々言葉がドラマティックそしてドラスティックな人なので、私も衝撃波を受けることは結構あるんですが、こういうのに動じない強い心が欲しい!!

がんばれ、私。

Hooroo!

↓のボタンのクリックでランキングに一票はいります。
押してもらえると超嬉しいです٩꒰。•◡•。꒱۶
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
スポンサードリンク